【広島・宮島・弥山】パワースポットへ女一人旅④ ~宮島ロープウェー編~

宮島・弥山への女一人旅ブログ、4回目。

 

 

しめい
今までの回はこちらです~

 

 

1回目はこちら(~準備編~) ⇒

関連記事

 少し前、連休を利用して広島県・宮島へ、一人旅をして来ました。 3泊4日の女一人旅です!       目的は ・宮島にある弥山(みせん)という山への登山。 ・宮島の厳島神社へ参[…]

 

2回目はこちら(~交通手段・ホテル編) ⇒

関連記事

  宮島・弥山への女一人旅ブログ、2回目。 今回は、宮島までの交通手段と、宿泊したホテルについて書きます。   前回の ~準備編~ 未見の方はこちらです(^-^)   &nb[…]

 

3回目はこちら(~宮島フェリー・うぐいす歩道編) ⇒

関連記事

宮島・弥山への女一人旅ブログ、3回目。   1回目はこちら(~準備編~) ⇒ [sitecard subtitle=関連記事 url=https://shimei-01.com/trip-miyajima1/ t[…]

 

 

前回やっと本土を脱出し、宮島へ渡りました。

 

 

まひこ
長かったぁ~

 

 

しめい
今回はロープウェーに乗って弥山に登るよ!

 

 

まひこ
どうだった? ロープウェー。

 

 

しめい
めっちゃ景色きれい!  さっそくご紹介する!

 

 

しめい
じゃあ、今回も行ってみよー!!!

 

 

 

 

 

 

 

◎パワースポット弥山登山・宮島ロープウェー

 

・紅葉谷駅より出発

 

宮島ロープウェーは、まず紅葉谷駅よりスタート。

 

公式サイトより

 

 

 

◎ 紅葉谷駅 ~ 榧谷駅までは、循環式ロープウェー。

◎ 榧谷駅 ~ 獅子岩駅までは、交走式ロープウェーだそうです。

 

2種類の方式のロープウエーを連絡し運行するのは、日本では珍しいんだとか。

 

 

循環式ロープウェー 公式サイトより

 

 

私が行ったときは、並んではいましたが、まだすいていて

グループごとで乗せてくれました。

だから私は一人で乗れた♪ (*’ω’*)  うれしぃ~

 

 

進行方向から振り返ると、瀬戸内海がきれい。

吸い込まれそう

 

乗車時間約10分間の心地よい時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

・榧谷(かやたに)駅が中間地点

 

中間地点の榧谷駅に着くと、ちょっと階段を歩いて

次のロープウェーに。

 

 

 

次の交走式ロープウェーはもっと大きくて沢山の人が乗れます。

 

なので運行時間も間隔が開いていて、15分ごとに出発です。

循環式の方は1分ごとでした。 どんどん来る感じ。)

 

 

私は早めに乗り込んだので、それから出発まで少し待ち時間がありました。

こっちのロープウェーは多くの人と乗り合わせてるので、

待ち時間は少し気まずいものがありますねー (;^ω^)

 

 

しかし、こちらは景色がスバラシイの!

見渡す限り、海!  そして 瀬戸内海の島々!

 

交走式ロープウェー   公式サイトより

 

 

 

乗車時間はたったの4分。

あっという間に終点に着いちゃいますので、

しっかりと絶景を目に焼き付けておきましょう!

 

 

私が車内から撮った写真。

思い切り自分の姿が写っててスミマセン (汗)

それにしても美しい風景です。

 

 

 

 

 

 

 

・獅子岩駅が終着駅

 

到着~ 獅子岩駅

 

ロープウェー全部で30分くらいかかったでしょうか。

でも朝のうちに出発したのが良かった。

待ち時間ほぼなく、スムーズに上れました。

 

帰りに見た、上りのロープウェーを待つ人の行列、えげつなかったです(゚Д゚;)

乗り込むまでに20~30分かかっていそう。 たいへん。

私は待つことや行列に並ぶことが大嫌いなのでw

早めに行っていて良かったです。

 

 

ロープウェーを使って弥山登山を考えている人には、

ぜひ朝早いうちからの行動開始をオススメします。

待ってる時間がもったいない!

 

 

あと繁忙期には、ロープウェーの予約もできるみたいです。

これは嬉しい! ぜひ利用したいですね~

公式サイトで確認 ⇒

 

 

 

 

 

 

 

◎パワースポット弥山登山・獅子岩展望台

 

・看板で気力充実

 

獅子岩駅でロープウェーは終了です。

 

駅から出ると、こんな看板発見!

 

 

日本の初代内閣総理大臣、伊藤博文さんのお言葉ーー

 

日本三景の一の真価は、頂上の眺めにあり

 

そうか、そうか、そんなに眺めがいいのか…

なら頑張る!!!  (‘◇’)ゞ

 

と、ここから頑張って頂上まで登る意欲が湧きました(単純)。

 

 

それに「数多くのパワースポットが点在」!?

来た甲斐あったよ(笑)

パワーもらいまくっちゃうよ~( *´艸`)

と、また意欲充実(笑)

 

 

 

 

 

 

・獅子岩展望台の美しい景色と瀬戸内の映画

 

 

その前に、獅子岩駅を出てちょこっと上がると、

獅子岩展望台がありますので、

 

ちょっと見ていくか~と、立ち寄りました(*´▽`*)

 

 

 

あのー、お金入れて景色見るやつ、(何て言ったっけ?)

双眼鏡のでっかいバージョン、あれもちゃんとありましたよ~。

 

 

瀬戸内海の美しい風景

 

 

映画になりそうな景色だな~と思って見てましたが、

そういえば瀬戸内海や島を舞台にした映画って

たくさんあるんですよね。

 

古いところだと『二十四の瞳』とか、『瀬戸内少年野球団』とか

あったなぁ~と思い出しました。

 

 

先日亡くなられた映画監督の大林宣彦監督は、

広島県尾道市の出身で、

尾道を舞台にした映画を数多く作られてましたよね。

 

『転校生』とか『さびしんぼう』とか…。

尾道独特の坂と海が主役!といってもいいくらい、

映画の舞台が印象に残る映画でしたね~。

 

 

しめい
私、尾道にはまだ行ったことがないので、
次は尾道に行ってみたいな~ 絶対!

 

 

などと、この美しい景色を眺めながら

ぼんやり考えておりました。

 

 

 

 

 

 

そうそう!

あの名作、小津安二郎監督の『東京物語』も、

後半でてくる家族の故郷は尾道市。

 

 

 

 

 

山田洋次監督によってリメイクされた『東京家族』にも

もちろん舞台として使われてました。

 

 

 

『東京物語』って、

若いころ見ると、何がいいのかさっぱり…って感想なんですが、

ある程度年齢がいってから観ると、じんわり心に染み入るものがあります。

不思議な映画です。

ある程度人生を旅した人にしか分からない映画っていうのかな…。

 

 

映画の中のシーンも、

昔は東京でのシーンが興味深かったものですが、

今ではなぜか東京から戻ってきた尾道のシーンが強く

思い出されますねえ。

これまた不思議。

 

 

 

 

映画作家にとって創作意欲の湧く景色なんだと思う

 

 

こんな素晴らしい風景があれば、

そりゃ誰だってここを舞台に映画撮りたくなるよなぁ~~

とか思うのです。

 

 

 

さて、ここからいよいよ自分の足で弥山を登ります。

さっきの看板には「頂上まで30分」と書いてありましたが、

私の体力でもそんな時間で登れるものでしょうか(笑)

ま、呑気にいきますかねw

 

 

 

 

ってことで、今回はここまでです。

次回をお楽しみに~~~

 

 

今回も読んでいただいて本当にありがとうございました!

 

 

 

 

次の記事はこちら ➡

関連記事

宮島・弥山への女一人旅ブログ、5回目。     初めて読む方は最初にこちらをどうぞ~!   1回目はこちら(~準備編~) ⇒ [sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

 

 

 

 

 

 

記事はいかがでしたか?
楽しんでいただけていたら嬉しいです。

こちらはあなたへのおすすめ広告です。

 

<スポンサーリンク>


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
 data-src= しめいの開運日誌" width="1000" height="353" >

 しめいの開運日誌

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(Antoine de Saint-Exupéry、1900年6月29日 - 1944年7月31日)は、フランスの作家、操縦士。代表作「星の王子様」。